アナボリックステロイドによる女性化

アナボリックステロイドからの女性化作用とは

アナボリックステロイドによって過剰に増えた男性ホルモン(テストステロン)と 比例して女性ホルモン(エストロゲン)も増えてしまいます。

人の体内にはアロマターゼという酵素があり、このアロマターゼが男性ホルモン(テストステロン)を 女性ホルモン(エストロゲン)に変換してしまうのです。これが原因で女性化作用が起こるのです。

女性化作用とは、乳房肥大、脂肪の増加、性欲の減少があります。

この中でも特に注意したいのが 乳房肥大です。女性化してしまった乳房は元には戻らず、外科手術で切除するしか方法はありません。 


女性化して乳房が肥大した事例

 

女性化作用を防ぐアリミデクス

女性化作用はサイクル中(特に終盤)に見られることが多く、「乳首が立つ」「乳首がひりひりする」「乳首がちりちりする」 などの症状があるようです。

そうなった場合は、サイクルを中止しノバルデックスなどのケア剤を取ります。

副作用が出てからでは遅いのでこまめに服用するべきであると考えます。

ノルバデックスはエストロゲンがレセプターと結びつくのをブロックすることで女性化作用を防ぎます。

最近ではビルダー達の間でアリミデクスも使われるようです。アリミデクスはアロマテーゼ阻害薬です。

・ノルバデックス
エストロゲンがレセプターと結びつくのをブロックすることで女性化作用を防ぎます。

・アリミデクス
テストステロンがエストロゲンに変換するのをブロックすることで女性化作用を防ぎます。

アリミデクスはノルバデックスの作用と異なりテストステロンがエストロゲンに変換するのをブロックすることで 女性化作用を防ぎます。

ネット上の口コミではノルバデックスよりもアリミデクスの方が効果が高いとも言われている様です。

アリミデクス


ケア剤がすべてのケースに効果があるとは限りません。気になる症状が現れた場合は使用を中止し、かならず医師にご相談しましょう。


アロマ化を防ぐ7つの食べ物

アロマターゼ酵素は男性ホルモンの中で最も厄介な酵素の1つです。

アナボリックステロイド等で急激に増えたテストステロン(男性ホルモン)は体内のアロマターゼという酵素によってエストロゲン(女性ホルモン)に変換されてしまいます。

逆にアロマターゼを阻害することで有益なテストステロンレベルも上昇します。

このアロマターゼ酵素を阻害する7つの食べ物を紹介します。

 

①セロリ

最高のテストステロン増強食品の1つであり、アロマターゼ酵素阻害効果が適度に含まれています。

セロリには最も強力なアロマターゼ阻害剤であるルテオリンが含まれています。

このルテオリンは、エストラジオール(強力な女性ホルモン)の体内生産を阻害します。

参考:

Luteolin, the anti-oestrogen in celery
http://www.ergo-log.com/luteolin-anti-oestrogen-in-celery.html

 

②赤ワイン

赤ワインは天然のアロマターゼ阻害剤として働き、複数の研究で示されています。

赤ワインに含まれるレスベラトロールと呼ばれるポリフェノールがアロマターゼ酵素を阻害し、エストロゲンを減少させ、テストステロンレベルを上昇させることが示されている。

※過度のアルコールは逆にテストステロン濃度を下げてしまいます。

参考:

Suppression of estrogen biosynthesis by procyanidin dimers in red wine and grape seeds.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14679019/

 

Suppression of aromatase (estrogen synthetase) by red wine phytochemicals.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11519862/

 

Anti-aromatase chemicals in red wine.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12095950/

 

③オリーブオイル

オリーブオイルは最高のアロマターゼ阻害剤の1つです。

オリーブオイルに含まれるオレオカンタルは、タモキシフェンのような抗エストロゲンの効果を高めることができ、エストラジオール(女性ホルモン)の作用を不活性化させます。

オレオカンタルはタモキシフェンの効果を高めると言われています。

参考:

Oleocanthal, the anti-oestrogen in olive oil
http://www.ergo-log.com/oleocanthal-anti-oestrogen-in-olive-oil.html

 

④ホワイトマッシュルーム

ホワイトマッシュルームは、様々な研究においてアロマターゼを阻害する素晴らしい食品であることが示されている。

ホワイトマッシュルームからのアガリクス・ビスポラス抽出物が、アロマターゼ活性を抑制するとが分かっています。

また、中国の研究では緑茶とホワイトマッシュルームを組み合わせることでアロマターゼを有意に阻害することを発見しています。

参考:

White button mushroom phytochemicals inhibit aromatase activity and breast cancer cell proliferation.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11739882

 

Dietary intakes of mushrooms and green tea combine to reduce the risk of breast cancer in Chinese women.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19048616

 

A dose-finding clinical trial of mushroom powder in postmenopausal breast cancer survivors for secondary breast cancer prevention.
https://meetinglibrary.asco.org/record/62610/abstract

 

⑤牡蠣

牡蠣には亜鉛が非常に多く含まれています。

亜鉛は、男性の体内で300種類以上の酵素を調節し、テストステロンと精子の生産にも非常に関連しているため、男性にとって最も有益なミネラルの1つと言われています。

また、亜鉛は最も強力な天然アロマターゼ阻害剤の1つであることが示されています。

参考:

http://erc.endocrinology-journals.org/

 

⑥アブラナ科野菜

ブロッコリー、カリフラワー、ケール、ブリュッセルシュートなどのアブラナ科野菜はすべて天然のアロマターゼ阻害剤です。

これは、アブラムシの野菜が、このエストロゲン低下効果で主に知られているジインドリルメタン(DIM)と呼ばれる化合物が非常に高いためです。

DIMがそれをする主な理由は、効果的にエストロゲン分子を代謝し、あなたの体が肝臓を取り除くのに役立ちます。

また、DIMはアロマターゼ酵素をブロックする能力を持つことでも知られています。

DIM100mg[オリンピアンラボ社製]

 

⑦パセリ

パセリはフラボノイドを豊富に含んでいます。

ある研究ではアピゲニンが効果的にアロマターゼ酵素を阻害したことを示しています。

また、アピゲニンは精巣のライディッヒ細胞内のテストステロン産生を刺激することでも知られています。

そして天然硝酸塩が豊富であるため、優れた一酸化窒素と勃起の質を高める食品にもなります。

参考:

Induction and inhibition of aromatase (CYP19) activity by natural and synthetic flavonoid compounds in H295R human adrenocortical carcinoma cells.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15319488

 

How a flavonoid in parsley boosts testosterone levels
http://www.ergo-log.com/flavonoid-in-parsley-boosts-testosterone-levels.html

 

参考

The 7 Aromatase Inhibiting Foods to Block the Synthesis of the Female Hormone Estrogenanabolicmen

コメントを残す