ハゲるステロイドとハゲないステロイド

医師および専門家は、男性型脱毛症(AGA)を引き起こす原因として、一般的にDHT(ジヒドロテストステロン)ならびに他のホルモン因子によって引き起こされると考えられています。

毛包にDHTが付着することで脱毛のプロセスが進行します。

脱毛の原因となることで有名なステロイドがいくつかありますが、脱毛のリスクを抱えていないステロイドもあります。

 

 

DHTベースのステロイドはハゲる率が高い

アナボリックステロイドの中でもDHTを増やすタイプのステロイドは脱毛を引き起こす可能性が高いです。

逆に、非DHTベースのステロイドはハゲる率が低いと言われています。

 

脱毛の可能性が高いステロイド一覧

ウィンゾロン(スタノゾロール)
・マスターソン
アナドリン(オキサンドロロン)
プリモノロン(メトネロン)
オキシポロン(オキシメトロン)
・トレンボロン
メダナボル(メタンジェノン)
プロビロン(メステロロン)

メダナボル(メタンジェノン)とトレンボロンについては、DHTベースのものだけではないため脱毛を起こす可能性は低いが、男性型脱毛症を患いやすい人にとっては症状を加速させる可能性があります。

 

脱毛の可能性が低いステロイド一覧

・テストステロン
・トゥリナボル
・デカ・デュラボリン
・ナンドロロンフェニルプロピオネート(NPP)
・ボルデノン(Equipoise)

 

 

ステロイドに関する脱毛症をどのように予防またはコントロールするか

ステロイドに関連する脱毛を防止または低減するには、体内を循環するDHTレベルを低下させる必要があります。

DHTが毛包に付着するのを防ぐことが重要です。

ステロイド使用者にとってはサイクル中にDHTが過度になることがあるため、脱毛の原因を引き起こすことになります。

考えられる脱毛の治療とコントロールにはいくつかの選択肢があります。

フィナステリド
ミノキシジル
デュタステリド(アボダート)
プロスカー
・N2シャンプー
・Azelex(抗DHTクリーム)

これらは頭皮の治療に最も一般的に使用されます。
これらの製品を使用する前に副作用を十分に調査してください。

 

 

参考

Steroids and Hair Lossevolutionary