アナボリックステロイドは筋トレを全く行わなくても筋肉が付く?

アナボリックステロイドはナチュラルでトレーニングした場合よりも比較にならないほど強化されるといわれています。

ではアナボリックステロイドを使用するだけでトレーニングをしなかった場合はどうなるのでしょうか?

以下の臨床試験では面白い研究結果が報告されています。

参考

The Effects of Supraphysiologic Doses of Testosterone on Muscle Size and Strength in Normal MenNEJM.org

19~40歳の体重が正常な43人の男性グループを以下の4つのグループに分け、10週間の研究を実施しました。

グループ1:トレーニング無し + アナボリックステロイド無し

 

グループ2:トレーニング無し + アナボリックステロイド有り

 

グループ3トレーニング有り + アナボリックステロイド無し

 

グループ4トレーニング有り + アナボリックステロイド有り

 

毎週600mgのエナントテートを投与

食事の量は各人の体重に合わせて標準化され、必要に応じて調整されました。
トレーニング有りの2つのグループは、毎週3回おなじウェイトトレーニングを実施。

また、600mgのエナントテートを投与した場合、テステステロン量は通常の4~10倍になると言われています。

 

結果

グループ1(トレ無し+ステ無し): 有意な変化はなし

 

グループ2(トレ無し+ステ有り): 約3.15kgの筋量増加

 

グループ3(トレ有り+ステ無し): 約1.8kgの筋量増加

 

グループ4(トレ有り+ステ有り): 約5.85kgの筋量増加

 

結果、ウェイトトレーニングを行っていないグループ2の方がウェイトトレーニングを行っているグループ3よりも大腿四頭筋の断面積の有意に大きな増加を示しました。

また、グループ4はグループ2のいずれよりも四頭筋および三頭筋領域の増加が有意に見られました。

つまり、普通に生活していてアナボリックステロイドを投与されている人の方が、週3回ウェイトトレーニングしている人より筋量が増加したということです。

いかにアナボリックステロイドが強力であるかが証明されています。