アナドリン (オキサンドロロン) 対 ウィンゾロン (スタノゾロール)

アナドリン (オキサンドロロン) について

アナドリンはボディビルの世界で最も人気のあるカッティングサイクルのステロイドの1つです。

一般的に体重を減らし体脂肪を迅速かつ安全に減らすために使用されます。

オキサンドロロンはもともと火傷の患者に処方されていました。アナボリックステロイドの中でもアンドロゲン(男性化)の発生率が最も低いステロイドと言われています。

このアナボリックステロイドは通常体重1kgあたり1日0.125mg、男性1日あたり20-100mgの用量で投与されます。

アナドリンは適切に使用すると高品質で比較的安全です。

アナドリンの半減期はわずか10時間であり、実際には5時間有効であると推定されているため、複数回の投与が推奨されます。朝25mg、トレーニング前に25mgが最適です。

検出時間についての議論はいくつかありますが、研究からは3週間ともいわれています。

ほとんどの経口ステロイドと同様に、アナドリンは少なくとも1つの注射可能なアナボリックステロイドとよくスタックされます。例えばアナドリンとテストステロンは非常にうまく動作すると言われています。

このアナボリックステロイドは、女性における男性化の発症に至らないため、しばしば「ガールズステロイド」などと呼ばれます。

 

ウィンゾロン (スタノゾロール)について

ウィンゾロンは体脂肪および体重を減らすための最も一般的な同化ステロイドの1つです。

DHTをベースにしておりプロビロンと非常によく似ていますが、はるかに良い筋肉増強として作用し、より多くのアナボリック作用を持っています。

また、同様のアナボリックステロイドと比較して副作用が非常に少ない

このアナボリックステロイドは体脂肪を減らして固い外観を保つためにカッティングサイクルに使われます。アロマタイズされにくく、水分滞留も起きない。

これらに加え、腱および靱帯を強化しながら、窒素を保持しつつタンパク質合成を劇的に改善する可能性がある。

ウィンゾロンは同時に使用されるアナボリックステロイドの効力を高める傾向があり、興味深いことに体内を循環する遊離テストステロンの割合を向上させる能力がある。

その同化の性質と非常に少ないアンドロゲン性(男性化)の副作用のため、ウィンゾロンは女性アスリートの間でも人気があります。

 

アナドリン (オキサンドロロン) 対 ウィンゾロン (スタノゾロール)

アナドリン (オキサンドロロン)とウィンゾロン (スタノゾロール)はどちらもカッティングサイクルに使われ体脂肪を減らします。

カッティングサイクルにおいて理想的なアナボリックステロイドであり、併用してスタックされることもある両者ですが、違いはどうなっているのでしょうか。

アナドリン (オキサンドロロン) の強み

アロマタイズ(女性化)と アンドロゲン(男性化)を引き起こさないという点ではアナドリンの方がウィンゾロンの評価を上回っています

この驚くべき特性は女性化乳房(ガイノ)や男性型脱毛症、ニキビ、脂性肌を引き起こしやすい男性(または女性)にとって理想的です。

アナドリンはアロマタイズされず、エストロゲン(女性ホルモン)に変換されにくいためアロマシンのようなアロマターゼ阻害剤は不要と言われています。

また、アナドリンはダイアナボルやオキシポロンのように水分滞留しません。にもかかわらず、穏やかな運動だけで胃の内臓脂肪を有意に減少させることを示した研究もあります。

しかし、アナドリンに対する負の副作用は脂質値への影響です。1日50mgの使用でわずか2週間後にLDLコレステロールの値が上昇します。

そのため、アナドリンは心肺機能の悪化につながる可能性があると言われています。

 

ウィンゾロン (スタノゾロール) の強み

ウィンゾロンの方がオキサンドロロンより無駄の無い筋肉量を増やすのに有意と言われています。

アスリートの間では、ウィンゾロンがアナドリンよりもより筋肉を強化すると考えられています。

さらに、ウィンゾロンで得られる肉体的な外観や体力増加はアナドリンで作られたものよりはるかに良いと考えられています。

しかしウィンゾロンはコレステロール、関節、毛髪に悪影響を及ぼすことがあります。

また、ウィンゾロンは緩い抗エストロゲン作用を持ちます。それに加えて抗プロゲステロンでもあるので、一緒に抗エストロゲン剤を摂取してしまうと、エストロゲンが少なすぎるという問題が生じる可能性があります。

そのため、ウィンゾロンは関節痛を引き起こすとしばしば言われます。(エストロゲンが欠乏すると、骨代謝が調整できなくなり関節痛を引き起こします。)

抗プロゲステロンであるため、デカ デュラボリンによる性欲喪失の副作用を防ぐのにうまく機能します。 デカを使用するのであれば、間違いなくウィンゾロンを追加する必要があります。

 

参考

Anavar Vs Winstrolevolutionary

参考

Anavar (Oxandrolone)evolutionary

参考

Winstrol (Stanozolol)evolutionary