フィジーカー・ビルダーの脱毛事情

ビルダーやフィジーカーがコンテスト前にやっておくべきタスクは減量や食事制限、日焼けだけではありません。ムダ毛の処理も含まれます。

コンテストでは毛をそらなければNGといった規定はありません。

しかし、仕上げた体がムダ毛によって審査の邪魔になります。皮膚表面のカットが毛のせいでぼやけて見えるため審査で不利になるのです。

そのため、ビルダーやフィジーカーはコンテスト前の多忙な時期に脱毛処理も行わなければならないのです。

 

脱毛のやり方

フィジーカーが行う脱毛方法は以下の4パターンが挙げられます。

  • カミソリ脱毛
  • 脱毛クリーム
  • ブラジリアンワックス脱毛
  • レーザー脱毛

この中で一番オーソドックスなやり方がカミソリ脱毛です。しかしムダ毛の多いユーザーにとってカミソリ脱毛は非常に面倒で大変です。

ここ数年でブラジリアンワックス脱毛を行っているビルダーが増えている印象です。肌にブラジリアンワックスを塗ってから、ペーパーを当てておいて剥がすやり方です。

 

おススメはレーザー脱毛

クリームやワックスで脱毛した場合、個人差にもよりますが2週間も経てばまた毛が生えて目立ってきます。

おススメはレーザー脱毛による永久脱毛です。大会前のムダ毛処理に費やす時間と労力が大幅に削減できます。

但し、レーザーの場合日焼けした肌には適用できません。レーザーが黒いものに反応してしまい火傷してしまうからです。

しかし最近では日焼けした肌でも照射可能な最新医療機器(メディオスター)を扱っている脱毛クリニック(ゴリラクリニックなど)なども増えてきており業界でも利用者が増えています。



メンズ永久脱毛はゴリラクリニック